福山城の作り方(参考です)
40 福山城1















元和8年(1622)竣工の創建時(最初の姿)福山城になります。福山城天守は現在も建っていますが、今の天守は昭和41年(1966)に建てられた復興天守で、本来の形に似た形で作られています。当初は本品のように、4重目の屋根は杮葺き屋根でした。その後江戸中期には杮葺きから瓦屋根に変更されています。そして特徴的なのが北面にあたる壁面には鉄板が張られていました。この天守は幕末も生き残りましたが、昭和20年(1945)の福山大空襲で焼失してしまいました。そして市民の寄付で今の天守が建てられたのですが福山城も例にもれず観光用天守として建てられたので物々しい鉄板は無しで、最上階の廻り縁も本来は彦根城同様の飾りで外に出て歩けるものではなかったのですが展望台として人が歩けるようになってます。でも近頃は史実に則った本来の姿を示すのがトレンドなのでこのペーパークラフトでは本来の姿を復元させました。今回は天守だけでなく周りの櫓も三浦先生に指導いただき復元させましたので部品数が多く少々作るのに時間がかかるモデルになってしまいました。

本品を組み立てる前に、カテゴリ内の作る前に(道具・心得)作り方基本編
そして、作り方必殺技編を確認しておいてください。


では、組立図の手順にならい作って行きます。

手順1
天守の一番上の5重目の屋根から作ります。
作り方は他の城も同じで、1、2、3番の部品をきれいに切り出します。
IMG_1990








線にそってしっかり折り曲げます。折り曲げは曖昧な折り曲げはダメです。しっかりと折ってください。1の屋根は左写真のように棟の部分は裏ノリでしっかり接着してください。次に2番の入母屋破風も確り折り屋根裏部分にノリを塗って貼り合わせておきます。
ココの詳しい作り方は「製作の基本 屋根の棟編」「製作の基本 屋根うら編」を参照ください。
IMG_1991IMG_1992








1番と2番を接着します。1の屋根裏は2を接着させてから行いましょう。
IMG_1993IMG_1994








屋根裏を貼り合わせると写真のように四角くノリ代が現れます。ここには4番の最上階がくっつくので見た目レベルでいいので長方形になっているか確認しておいてください。平行四辺形になっていたらダメ。はり合わせが上手く出来ていない証拠です。しっかり調整してください。
IMG_1995
















3番のシャチを付けます。こいつの切り取りですが、リアルにやりたければ絵に沿って細かく切り抜くのですが、カッターナイフの先で刺す様にして切り取ります。これが難しければ写真右のように切ると良いでしょう。「製作の基本 しゃちほこ編」
IMG_1996IMG_2347








まん中で半分に折り棟を挟む様にして接着します。ノリは塗り過ぎてハミ出てくると接着しにくくなるので注意。
IMG_1997








4番の最上階を四角く組み立てその南と北側に6と7番を貼り付けます。
この時向きを間違えないように。窓は写真右のように東側になるように。逆に西側には窓は付きません。また、廻縁の床は4番の下部から少し浮いた感じになります。
IMG_1999IMG_2001








5番の廻縁を組み立てます。高欄部分を折り曲げ、接着します。高欄は段違いにならないようにしましょう。
IMG_2005IMG_2006








先に組み立てた最上階の廻縁床の裏側にノリを塗り5番に接着します。この作業はノリを付ける前に仮組してから行ってください。
IMG_2008IMG_2007








廻縁の床がキレイに5番の中に納まるようにきっちり線に合わせて折り、線のとうりにカットしてあると簡単に収まります。
IMG_2009IMG_2010








屋根のノリ代にノリを塗り接着します。各方向から見て歪みがない様に調整してください。
IMG_2011IMG_2012








4重目の屋根を作ります。8、9の杮葺き屋根を切り取りまん中のハの字になった折り曲げ線でしっかり谷折りします。そして10番の唐破風に合う様に湾曲させます。次に10番を写真右のようになるように接着、整形します。
IMG_2013IMG_2015








11、12番を写真左のように屋根裏を先に貼り合わせておきます。先程の屋根と組み合わせます。東西南北を間違えないように。
IMG_2016IMG_2017








屋根をつなぎ合わせたら8番と9番の屋根裏を貼り合わせます。これは先に貼ってもいいのですが、ファセットの屋根は隣の屋根とのつなぎが外れないように屋根の連結ノリ代を屋根裏で固定できるように配慮しています。すべてがそうなっている訳ではないのですがこのように組み立てることで屋根に反りが付いていても外れにくいのです。なのでこの出順を推奨します。
IMG_2018IMG_2019








この様に真中がキレイに四角くなるように屋根の角(反りの部分)を指でつまんで調整します。
IMG_2020IMG_2021








この杮葺き屋根のノリ代にノリを塗り最上階の4番部品の内側に接着します。この時も変形が無いかいろんな方向から見て確認してください。
IMG_2022IMG_2023








杮葺き屋根に付ける破風を作ります。小さい部品なので丁寧に作ってください。
IMG_2024IMG_2025








破風の底面と写真右で示す切り欠き部の断面にノリを塗り屋根と廻縁の間に差し込む様に入れて接着し手順1は完了です。
IMG_2029IMG_2027









手順2
ここからの作業はここまでやって来たことの繰り返しと応用ですので説明を簡単にしていきます。
14番の4階を組み立てます。そして3重目屋根を作って行きます。
IMG_2030IMG_2031








屋根と21番の唐破風の作り方は同様です。
IMG_2032IMG_2033








15、16の三角の千鳥破風を作ります。この部品の折り曲げは特にしっかり折ってください。甘いと綺麗な三角にならないので。
IMG_2034IMG_2038








この3パーツを組み合わせます。
IMG_2035








4階と3重目屋根を接着します。この時、写真左の唐破風の湾曲している屋根のエッジにノリを塗っておくと屋根の整形が容易です。
IMG_2036IMG_2037








屋根と4階を接着したら15、16の千鳥破風を接着します。この時、壁側に隙間ができないように屋根と壁にしっかりと貼り合わせます。
IMG_2039








次に3階と2重目屋根を作ります。
3階は22番と23番の2つの部品構成です。そしてこの2重目の屋根。ここからが少々難しい。
IMG_2041IMG_2042








ここの構造は比翼入母屋破風と言って、本来は大きな入母屋破風1つになる構造なのですが2つに分割して格好良く見せています。姫路城や名古屋城にもあります。
まず初めにココの屋根の屋根裏は最後にした方が無難です。
左の写真は24番の南側と27番の西側です。27番の西側屋根の右の破風の屋根は24番のぺろんと出た部分になります。文字での説明は難しいので写真右を見て組付け方を理解してください。
IMG_2043IMG_2044








全てをこのように接着しますがここで重要なのはやはり線のとおりカットしてあるかとしっかり折り曲げ線で折れているかということです。
IMG_2045
















そして裏返して最後に全方向の屋根裏を貼り、3階と組み合わせます。
IMG_2046IMG_2047








3三階との組み付けは基本的にこれまでと変わりませんが、破風の部分があるので各角がきっちりと合う様に丁寧に接着してください。
IMG_2048IMG_2049








28と29番の千鳥破風を組み立て貼り付けます。
IMG_2050









手順3
1重目屋根(一番下の屋根)と2階を作ります。
先ずは2階。
IMG_2053








そして南側の入り口となっている櫓の屋根。
IMG_2054IMG_2055








次に天守南側の屋根。これと先の櫓屋根がつながります。
IMG_2058IMG_2059








この様になります。
IMG_2060IMG_2061








そして他の屋根とつなぎ合わせます。
IMG_2062IMG_2063








ココは今までの屋根の作り方の全てが入ってる難しい箇所です。
IMG_2064








先に作った2階と37、38番の千鳥破風を組み立て今まで同様に屋根や壁に隙間が空かないように接着します。
IMG_2066IMG_2067









手順4
天守1階を組み立て。下部は平らな机などに置いて浮きなどがないように。
IMG_2070








天守入口の付櫓です。50番と52番をつないで作ります。
IMG_2071IMG_2072








51番の庇も忘れずに。
IMG_2073








今度は天守1階にはり付けます。写真右のように段違いになります。
IMG_2076IMG_2077








小天守の2階です。これは南面入口の付櫓右側に位置します。45と46で2階部分を。そして47、48、49の三つをつなぎ屋根を作ります。それを写真右のように組み立てます。小さいですがべつに難しくはありません。
IMG_2079IMG_2082








そして天守1階付櫓の飛び出たところに接着します。接着しにくいノリ代はピンセットなどを使ってください。
IMG_2083








天守台を作ります。特に説明はないですが55番の入口は内側から接着します。ここも傾きや浮きがない様に注意です。
IMG_2074IMG_2075









手順5
来ました!ここで天守上部も接着していきます。
私は上層階から組むタイプなのでその手順で紹介しますが、接着する前に自身で重ね合わせてみて下層から組む方が良さそうか上層から組む方がいいのか判断ください。接着前にこの手順5を一通り確認してから検討ください。
とにかくここが福山城組立てのヤマ場と思ってます。歪みや傾きに注意して下さい。また接着後ノリが乾く前に平らな場所に置いて全方向から歪み傾きを素早くチェックし補正します。

まず先に小天守の屋根を作っておきます。
IMG_2078








そして天守を組んでいきます。私は上層から。「では、参る!」
IMG_2039IMG_2040








向きは北面の壁が黒いのでわかりやすいと思います。
IMG_2051IMG_2052








私は写真の如く写真左の右の部品、2階1重目屋根(手順3)を接着してますが、先に2階1重目屋根(手順3)を1階と接着しその後上物を接着というやり方もありです。
IMG_2068IMG_2069








一階と接着します。歪み傾き1階の下部(石垣に乗せる部分)に浮きが無いか確認し補正してください。きっちり部品を切る折るを行なってれば変形はほとんど出ませんが、人間のやる事なのでそうはいかないかもしれません。この段階で変形傾きがある場合はここまでに各所でズレが生じているからです。ここはノリ代の位置よりも変形傾きが少なくなる位置に接着することを優先してください。
IMG_2084
















小天守周辺の接着位置関係を参考に乗せておきます。
IMG_2085IMG_2086








小天守の屋根を接着しますがここは内側からのり代を押さえることができないので写真左の小天守2階のノリ代を立てておきます。そして屋根側のノリ代にノリを多めに塗って上から位置を合わせながら乗せると簡単です。ノリ代が寝ていると接着不良が出る場合があります。「いちいちこんなことを私が指示しなくても良いと思いますが、一応親切心と理解ください。」
IMG_2087IMG_2088








天守台と接着です。建物と石垣に隙間があくと格好悪いので石垣の端や角にもしっかりノリを塗ってください。少し多めに塗るとノリが行き渡り、また位置合わせもやりやすくなります。
IMG_2089IMG_2090








この様に隙間なく接着します。
IMG_2091

















手順6
多門櫓。ここまでたどりつけた方にはもう説明は不要なレベルです。
56、57、58番の3部品で多門櫓を作ります。
これは今の福山城では城の管理事務所?とトイレになってます。
そうそう多門?、多聞?世間ではこの二つの字が混在しています。どちらも間違いではないのですが『多門』は江戸時代の文書の90%はこの表記になっています。『多聞』は松永久秀の多聞城がはじまりということなのですが実はこれ言われ出したのは江戸中期ごろで『多門』より後。でも江戸時代の文書のほとんどは『多門』だったことから『多聞』はメジャーになれなかったようです。今は両方が混在していますが『多門』が無難なようです。
IMG_2098IMG_2099









手順7
天守北東の角、丑寅の位置にある櫓、『玉櫓』。鉄砲の玉を貯蔵していたとの話ですが定かではありません。作り方についてですが65番の2階と66番の1重目屋根を右写真中央のように先に接着してから最上階屋根と1階を接着します。
IMG_2100IMG_2102









IMG_2103IMG_2104









手順8
北西の角、辰巳の位置にある『塩櫓』。
作り方は手順7の『玉櫓』と同様です。
IMG_2109IMG_2112









手順9
先の塩櫓に連結している多門櫓を作ります。個々は作るの簡単ですが連結の際はつなぎ目をしっかり接合させてください。あまり隙間が大きいと石垣の上に収まらなくなります。
IMG_2113IMG_2114









手順10
天守を囲む様に付ける土塀です。作り方は「製作の基本 土塀編」で詳しく書いてありますので、それを見てください。
IMG_2115

















手順11
天守丸部分を作ります。104番の階段を写真右のように組み立てます。
IMG_2116IMG_2117








そして階段の一つを94番の天守丸石垣の切り欠き部に接着。そしてもう一つの階段を88番の石垣に接着し写真左のように87番の石垣をとつなげます。最後に写真右のように94番に接着します。
IMG_2118IMG_2119









手順12
天守周りの櫓台を作ります。
103番の櫓台上面は折るところは折っておいてください。そして100、101、102をつなぎ、91、92、93もつなぐ。
IMG_2120IMG_2121








そして103の櫓台上面に接着して下さい。
IMG_2122IMG_2124









手順13
まず手順11と12で作った物を接着します。そして写真右の個所に105番の本丸地面を貼り付けます。
ここはぺらの紙と少々不安定な低い石垣との接着なのでズレたりシワにならないように注意してください。
IMG_2125IMG_2126








95~99の石垣をつなぎます。
IMG_2128IMG_2129








石垣と接着します。石垣のノリ代にノリを塗りますが、一度に塗らず1辺や2辺ごとに順番に接着していきます。
IMG_2130

















手順14
石垣の周りに土台を接着します。初めに107を次に108を接着する方が簡単です。
IMG_2131IMG_2133








そして櫓を先に接着し、それから土塀。土塀の端は櫓や石垣に接していますので紙の断面にもノリを塗っておくと土塀も固定されます。
IMG_2134

















手順15
天守を接着します。天守のノリ代にノリを塗ります。
IMG_2135IMG_2136








天守の上から土台を被せ天守だけを持ち上げます。あとはしっかりノリ代を貼り合わせ完成です。
IMG_2137IMG_2138









補強柱
せっかく付属しているので使ってください。写真右の天守台の四角い箇所に接着します。
IMG_2139IMG_2140








これで完璧に安定します。
IMG_2141
















完成です!
IMG_2142

















IMG_2143
















IMG_2145
















IMG_2147