お客様作品投稿!

愛知県 加賀大納言さん50代 俺作B級での投稿『姫路城方杖付き』
IMG_20190213_1





























IMG_20190213_4
















<投稿者コメント>
姫路城は17年10月に完成していましたが18年秋に久しぶりに訪問し三国堀付近から見上げた天守群が印象的でした。
見上げてみると軒下の方杖が目立って見え白鷺城と呼ばれる所以の一つかなと思いました。
そこで方杖追加を思い立ち作業開始となりました。
写真を元に厚紙を一つ一つ切り、付けて行きましたが数が多く大変でした。また中庭の(見えない所)は未設置です。近くで見ると不揃いで塗装のムラも目立ちますがなんとか仕上がりました。二の櫓の石落としも追加し土台、地面をスチレンボードで補強し完成としました。
屋根の厚みも表現できるといいですが難しそうですね。(某C社の方法も一つと思いましたが1/300だと細かすぎかと。)

IMG_20190213_3
















IMG_20190213_2
















<ゲル総帥コメント>
ついにこれをやる人が出ましたね。
「これを付けたらカッコいいやろ~」と考えるとは思いますが、実際に作業をするとなると結構な難工事なので誰も手を付けないんじゃないかと思ってました。しかもしっかり厚みまで付いているので流石です。

方杖が何か知らない人のために少し解説すると、屋根の梁を支える柱で軒下に斜めに入っている柱のことです。この柱は、この姫路天守群で言うと1階と2階の壁の位置は同じですよね。そこに軒の短い一重目屋根(腰巻屋根)が出ています。構造上この屋根は入母屋のように屋根の梁材が長くないので強度UPを目的に付ける補強です。ですが、そうでない部分にも付けてあるので、おそらく池田輝政の好みでしょうね。そして好みと言えば、輝政はシャチも好きなんでしょう。いたる所にシャチがついてます。また同じ様に方杖がついているのは、広島城の天守と福山城の伏見櫓くらいかなと思います。

実は、ウチもこれを付けようかとかんがえたこともありましたが人の技量と製作誤差で屋根の角度が微妙に異なる可能性があるのでこの方杖の寸法が決められませんでした。
しかし、この方杖があると立派に見えるのは確かですね。

----------------------------------------------------------------------------------------------------
控えめなくせに自画自賛する。
お客様投稿コーナー「俺作〇級」作品募集!

<投稿ルール>
○投稿は「俺作A級、B級、す級、あわれ落城」の4つのカテゴリから指定ください。
  ・俺作A級・・・自画自賛クオリティ。「俺の凄いやろ!」という方。
  ・俺作B級・・・自分では「どーよ」と思ってるが他人の目が気になる方。
  ・俺作す級・・・商品をただ作っただけの素組レベル。
          初挑戦やけど「俺にも作れたぜ!」など。
  ・あわれ落城・・・「どうせ俺は不器用者よ!」という落城レベル作品。 
           失敗作は笑いに変えよう!
   (あわれ落城でゲル総帥から笑いがとれれば失敗した城の商品をプレゼントします。)

○作品はファセットペーパークラフト(無料ダウンロード品含む)に限ります。あたりまえ!

○主がファセットの城であれば、他社模型パーツやクラフトを使用していても可。

○作品の画像はメール、または郵送で送ってください。 (写真、画像は返却できません)

○投稿の際には、お客様の〒、住所、氏名、年齢、性別、作品カテゴリ、作品コメント、投稿ネーム(ペンネーム)をもれなく記載ください。 写真の添付も忘れるな!

ブログでのお客様の紹介事例は過去の掲載記事を参考にしてください。
ゲル総帥が上から目線でコメントします。

<作品画像送り先>
・メールの場合  info@facet.jp へ、件名は「俺作〇級」で送って下さい。
・郵送の場合 〒509-0141 岐阜県各務原市鵜沼各務原町5-286 ペタルビル2F
                     ファセット 「俺作〇級」 係