自画自賛!「ペパクラ開発日記」

  <ペーパー模型専門メーカー「ファセット」の公式ブログ!>

日本のお城 模型なら、世界一のラインナップを誇るペーパークラフト専門メーカー 「ファセット」代表のゲル総帥が自社商品を自画自賛するための公式ブログ。

入荷しました。

top-本丸御殿切手







フレーム切手が入荷したので販売再開しました。

しかし、再開直後にほとんど売れてしまいすでに品薄状態です。

数量見積が甘かったか!


本丸御殿の切手、うちで買えるようにしましたよ。

top-本丸御殿切手







00 名古屋城本丸御殿フル1















しょっちゅうメールや電話でこの切手の問い合わせが来るので購入できるように対応しました。 ホント俺様は良い人です!

販売パターンは2種あります。
①本丸御殿が完成できる「コンプリートセット」
  内容は3品セットです。 
  ・1期のペーパークラフトのみ 
  ・2期フレーム切手(クラフト付き)
  ・3期フレーム切手(クラフト付き)
②すでに完売して入手不可能な第1期のペーパークラフトのみ販売。

フレーム切手について詳しく話すと、本品は本丸御殿公開(過去3期)に合わせて記念切手とファセットで設計した現在の復元本丸御殿のペーパークラフトをセットにした商品となっています。 過去、3期にわたって3回このフレーム切手は発売されているのですが、クラフトはその公開期ごとに完成した部分だけのモデルとなっています。 よって全3期分がそろわないと御殿も完成しない物なのです。 また販売も名古屋市内の郵便局だけでしたので市外県外の方はなかなか購入できませんでした。第1期は2013年に発売され、先月6月に最終となる第3期分が、これで完結となったわけです。

それが、なんか分らんけど、最近になって「この切手が欲しい。」とか「1期分が手に入らない。」などの質問が多くなりこのようにうちで販売するようにしたわけです。
00 名古屋城本丸御殿フル5















フレーム切手の在庫状態について
 ・1期分はすでに完売しており入手不可。再販もないようです。
 ・2期分は郵便局に多少在庫があります。
 ・3期分は先月販売開始なのでまだ割と在庫があります。
 なので、名古屋市内の郵便局では2期、3期は入手できますが1期は手に入りません。また、そこの局に置いていない場合でも「取り寄せ」頼んでみましょう。対応してくれる場合(担当者次第らしい)もあるようです。

そこで、ファセットの出番
 市外、県外なので購入が出来ない方、最近知って2期、3期は購入したけど1期がなくて困ってる。 そんな話がうちに来るので、このように対応をしたわけです。 先にも書きましたがこれは郵便局の商品です。製作協力はしたが、郵便局は卸してはくれないので私もこのフレーム切手を名古屋で、しかも定価で購入(2000円)するのです。ある意味私は皆さんのパシリ役なんですね。 そして1期分のクラフトは、2、3期の在庫を考えるとあまりたくさん印刷できませんでしたなので結構割高になってしまいました。

まあ、うちのお客さん達なんで、たいていはクラフトだけでいいと言いそうなんですが、2期、3期はまだフレーム切手の在庫があるのでクラフトだけの販売はしません。営業妨害になるんで。郵便局とは今後も仕事したいので良好な関係を維持したいと思ってます。






松江城 発売始めました。

top-松江城







またまたいつもの様に先ほど発売始めました。

いつも予告なしですみません。
うちの商品は自分たちで袋詰めしてネット整備してます。
一応「この日に発売始めたいなー。」というのはあるんですが、何しろ2名で回しているもんで、何か茶々が入るとスケジュールがすぐにくるってしまう。
今回も土曜日には出そうと思ってたんですけど、このえげつない雨で事務所雨漏り!
こんなハプニングがあったので袋詰めが遅れて今日になってしまいました。

さあ、意外と大きくドッシリとした望楼型天守 国宝松江城。

作ってみてください。

39 松江城2















39 松江城5















39 松江城6




















39 国宝 松江城 作り方

松江城の作り方(参考です)
39 松江城1


















以前からお客さんからの要望が多かった城ですが、ようやく商品化しました。一見すると小さな天守かと思いますがこれがなかなかわりと大きい。したがって、製作は比較的簡単な方です。一番難しいのは土塀だと思います。

本品を組み立てる前に。
今ココを見ている方は、組立図で理解できなかった方や初めて作る方が多いと思うので、まずはカテゴリ内の
作る前に(道具・心得)作り方基本編そして、作り方必殺技編を一読してから下の作業に移ってください。製作の基本を写真で示してあります。これはファセットのお城全品に共通した作り方を解説していたり、この方が綺麗に出来ますよ!という参考です。別に独自のやり方で進めていただいてもなんら問題ありません。

組立図の理解力は人によって大きな差があります。地図が読める方と全く読めない方、またクルクル回す方がいるのと同じです。ですが、わからないからと言ってあきらめず、この作り方をじっくり見て理解するようにしてください。出来るだけわかりやすく書くように努めてます。しかし、ここでもわからない方は、「もう、ごめんなさい私ではお手上げです。」

では、いつもの如く組立図の手順にならい作って行きます。


手順1
天守の最上階の四重目屋根から作ります。松江城天守は四重天守です。
(屋根の重なっている数ね。下から一重目、二重目と数えます。何かの本には五重と書かれているモノもあったようですが、真ん中ある三階部分は重には入りません。あれは破風扱いです。)
部品番号1の屋根は真中の棟の部分を裏ノリで右写真のように貼り合わせてください。
両側の屋根裏の折り返しはまだ接着しません。接着しちゃった人はまあそれはそれで大丈夫です。
IMG_1114IMG_1115









3と4の破風を作ります。
これは左写真のように屋根裏部分にだけノリを塗って接着します。これは部品図のAシートにも解説しています。
そして、1の屋根に接着します。屋根は軽く曲線となりますので2の破風のノリ代が浮いてしまうときはピンセットなどでノリ代を挟む様にすると接着出来ます。
IMG_1116IMG_1117









破風の接着が完了したら1屋根の屋根裏を裏ノリで接着します。
右の写真を見てください。真中に四角くノリ代が出来ます。ここには5の最上階の壁部品を接着するのですがこれが歪んでいると屋根が傾くので屋根裏の折り返しは点線に合わせてしっかり折ってください。
また、折りが甘いのもNGです。しっかり爪を使ってビシッと折っても構いません。指の腹だけで折ると曲がるだけで折り目が付かないのであとでノリがはがれてくることがありますし、寸法が狂うので注意です。
IMG_1118IMG_1119









鯱を接着します。細かくて切り取り難いですが、カッターの先で刺す様にして切り取ります。
真ん中で二つ折りにし接着します。
IMG_1120









5の天守最上階を作ります。
IMG_1121









6と7の屋根を組みますが各2こあります。まずは6の、両側にノリ代が付いている屋根の屋根裏を折り返し裏ノリで接着します。
IMG_1122IMG_1123









左の写真のように4つをのりでつなぎます。屋根は反りがあるので、屋根どうし隙間が空かないようにします。そして右の写真のように7屋根の屋根裏を裏のりで接着します。別に個々に屋根裏を接着してからつなぎ合わせてもいいのですが、この手順でやることで屋根裏でノリ代を挟み込むのであとではがれたりし難くなるので、強度アップがはかれます。
この工法は私があみだした必殺技なんですが、最近建物関係のペーパークラフト見るとこのやり方をちょくちょく見ます。パクられてますね(笑)
IMG_1124IMG_1125









最上階と上で作った三重目屋根を接着します。
屋根側のノリ代に接着剤を塗っておき、5の最上階を上から被せ接着です。
向きは東西方向と南北方向ありますが長方形なので別にわかりますよね。
そして一番上の四重目屋根を接着します。
IMG_1126IMG_1127









最上階はこれで完成です。というより手順1完成です。
一応この後この手順1で完成した最上階は向きがあります。それは下の階と接着するとき。手順3の時ですが向きに注意しなくてはなりません。組立図の手順3にも書いてありますが、下の写真の一番上の屋根の白い破風(部品番号3)のところに四角いのがあるでしょ。これがある方が西です。覚えておいてください。
IMG_1128




















手順2
二重目と三重目屋根の間にある出窓です。部品はこの3種。
IMG_1129









まずは8を先に作った手順1の3番、4番と同じように折り曲げ屋根裏を裏ノリで貼り合わせます。
そして、右写真のように9の屋根を接着してから両側の小さな屋根裏を同様に裏ノリで貼ります。
IMG_1130IMG_1131









10番の壁を折り、この屋根裏に接着します。屋根裏に出てるノリ代に合わせます。
ノリは屋根裏側に、特に角にあたる部分には多めに塗っておきます。
右の写真のように背面は屋根、壁が面一になるようにします。面一になっていないとこの後、壁に貼りつけつ時に浮いてしまうので注意です。
IMG_1132IMG_1133










手順3
ココでは二重目の大きな屋根から上を完成させます。11、12、13を組み合わせます。
11屋根の真ん中の切り抜きは線に合わせて綺麗に切り抜いてください。12と13の接着はここまでに作ってきた要領と同じです。

IMG_1139IMG_1140









14と15を屋根の内側から接着します。隙間が空かないように。
IMG_1141IMG_1142









手順2で作った出窓を接着します。写真に示す赤丸の屋根の部分は壁と接するヘリのところにもノリを塗っておくといいです。壁の板張りと白漆喰の位置に固定できます。
BlogPaintBlogPaint









次に手順1で作った上の階を接着しますが、上の階の屋根を写真の赤丸で示してある屋根の尖りに差し込む様にして取り付けるので、ノリをつける前に一度、仮ではめ込んでみてください。あと、東西の向きがあります。先にも説明しましたが最上階の三角の壁に四角い絵が入っている方が西です。そして下の写真の大きな屋根を裏返してみてください西って書いてある方向。わかりますよね。
BlogPaint



















はめ込むとこんな感じになります。うまくはめ込めたら手順1の三重目屋根裏の方にノリを塗って接着します。
BlogPaint



















変型、歪み浮きなどないですか?方角もあってますか?
ちなみに、実はこの段階では方角を東西間違えてもセーフなんです。二重目の大屋根に付けた12、13の部品は実は同じなんです。違うのは屋根裏に書いてある東、西の表記が違うだけで完成後の外観には全く関係ありません。ただ、この後1階2階部と接着するときは向きが生じます。この1、2階と接着するときに最上階の四角い絵だけでは間違いがおきるとアカンのであえて12、13部品に東西を明記したんです。以上で手順3は完成!
BlogPaint




















手順4
1、2階です。16~19の壁をつないで四角にします。この時、適当に折って大きめにならないようにしてください。この後、屋根や壁をぐるりと巻くように貼り付けるので大きめに出来てしまうと寸法が足りなくなります。
本シリーズのお城はPOPなものではなくきちっとした模型を目指しているので寸法に遊びは有りません

そしてそのぐるりと貼り付ける1重目の屋根です。
手順1で3重目屋根を作ったのと同じ要領で屋根をつなぎます。ノリ代も屋根裏で挟む様に接着した方が綺麗に出来ます。
IMG_1148IMG_1150









つないだ屋根を1階と2階の間のノリ代に貼っていきます。
この時ノリは壁側に塗った方がいいでしょう。屋根側に塗ると貼り付ける時に他のところにノリが付いて汚くなってしまう可能性があるので。
IMG_1151IMG_1152









こんな感じ。貼り合わせの隙間から白いノリ代が見えないのがベスト。
IMG_1153




















手順5
さてさて、ここは松江城の珍しい部分の一つで、うちが今まで出しているお城にも無い造り。一般的に、屋根下は白漆喰が多いです。きれいに見えるから。ですが、松江城はめいっぱい上まで板張りです。なので、この屋根の下の白いノリ代部分に下見板を貼ります。

豊臣期の頃は白漆喰の品質がまだ未熟だったので雨のかかる部分は板張りにしていました。しかし1600年ころからは品質が向上したために板張りなしの天守が増えていきます。姫路城や名古屋城などは板を貼ってないですよね。
松江城が板張りなのはちょうど品質が向上し初めの頃だったのでまだこの辺りではその技術がなかったのか?堀尾吉晴が金をケチったのか?それとも秀吉と一緒に戦ってきた頃を懐かしんで当時の黒い天守にしたかったのか?定かではありませんが、私はケチったように思いますが。。。
IMG_1154IMG_1155









屋根を少しめく下の白いところにノリを塗ります。この屋根を作る時にノリ代を屋根裏で挟み込みましたか?それをしていると写真のようにめくりあげてもつなぎ目がはがれません。やってない人は慎重に作業しましょう。ノリを塗ったら20と21を貼ります。板の目をできるだけ合わせるようにします。
IMG_1156IMG_1157









これで手順5は完成です。
IMG_1158




















手順6
これもあまり他の天守では見ない2階の隠し石落としです。組図の貼り付け指示の位置に接着していきます。
一応ノリ代を色分けしてあるのでわかると思います。
IMG_1159IMG_1161









で!ここで組図ではまだ後工程になっているのですが、せっかく1,2階とその上が出来上がったので天守を組み付けます。
組図では手順10で示しているのですが、それはページ制限上の事で、別にここで組んでも大丈夫です。
手順3の屋根裏ノリ代にノリを塗ってさっきの1,2階を接着します。方角向きを確認して接着します。
IMG_1164IMG_1165









どうじゃどうじゃ。カッコええよなー!
平らなところに置いてみて傾きなどが無いか確信、修正してください。
IMG_1166




















手順7
入口にあたる付櫓です。
32と34で屋根を作ります。もう細かい事は書かへんよ。今までのことを踏まえて作業してください。
IMG_1167









33と35で壁を作り、36、37の石落を接着。
IMG_1168IMG_1169









櫓の背面のノリ代になってる壁から屋根が付きでないようにしてください。
あとで天守に接合するので屋根が飛び出てると接着出来ません。
IMG_1171IMG_1172









石垣に入口を付けます。入口は石垣の内側から接着します。
IMG_1173IMG_1174









入口の貼り付け。石垣の内側からの写真です。
IMG_1175



















石垣と付櫓を合体。
IMG_1177




















手順8
土台の製作に入ります。
まずは、天守台とその周りの石垣を作ります。

IMG_1178IMG_1179









石垣に43の地面、次に天守台を接着。
IMG_1180IMG_1181









そして42を接着します。接着がズレると地面が波打つので慎重に貼り合わせてください。ノリを少し多めに塗っておくと位置合わせがやりやすいです。
IMG_1182IMG_1183










手順9
次に47~52と組み上げて手順8の土台と接着します。ここは特に順番は有りません。ただ貼り合わせ面が長いので先ほどと同様にズレなどがない様に慎重に組付けてください。
IMG_1184IMG_1185









47~52を組むと左写真のようになります。それを手順8に接着します。
IMG_1186IMG_1187










手順10
土台の最終工程です。53、54、55の土台枠を接着します。ここの接着が一番大変です。ズレ注意!
完成したら平らなところに置いてみてヨジレ、変形がない様に調整します。私が推奨してるノリ、ピットマルチ2なら柔軟性があるので比較的無理な形状修正も可能です。ただ、速乾性で硬くなるノリは修正が利かないので貼り合わせ時にヨジレ、ズレに注意してください。

IMG_1188IMG_1189










補強
ココで補強をしておきます。別に完成後でもいいのですがこの段階でやるのが他に気を使わなくていいので。
まず、66と67を組み合わせ左写真のようにします、そして右の写真のように天守台のところに接着します。
IMG_1197IMG_1198









補強柱のノリ代は天守台の裏側に接着するようになってます。右の写真で分かるかな?
この時も接着したら必ず土台に歪みが無いか平らなところに置いて確認してください。
IMG_1199IMG_1200









天守台に付け櫓を接着。この時もノリは多めに付けた方が位置合わせがやりやすいです。
IMG_1201



















写真のようにしっかり天守台石垣に密着させてください。
そして天守を天守台接着しますが、右写真のように付櫓との接着は櫓側にノリを塗った方がやりやすいと思います。
IMG_1202IMG_1203









天守の角と石垣の角を合わせることを頭に入れて位置合わせします。そして櫓と天守の間に隙間が空かないように。
IMG_1205



















とにかく線に合わせてしっかり折り、ズレないように接着すれば誰でもこの程度のクオリティにはなります。
IMG_1204




















手順11
最終工程です。土塀を付けます。今の松江城に行っても土塀は無いのですがあった方が見栄えが良いので付けました。
土塀の細かい作り方は初めに書いた作り方基本編の下の方にわかりやすく書いてありますのでそちらを見てください。
下の写真は56~59の土塀です。これをつなげます。
IMG_1206









つないでノリがある程度乾いて手に持っても取れたりしない様になったら土台側のノリ代にノリを塗って接着します。
IMG_1207IMG_1208









同様に他の土塀も接着。
IMG_1209IMG_1210









で、完成です!
IMG_1211






















名古屋城本丸御殿のフレーム切手について

発売以来、問い合わせが多いので名古屋城本丸御殿フレーム切手について少しふれておきます。
先日名古屋城の3期工事が完了し一般公開が始まっています。
その本丸御殿、工期が長かったので1期、2期、3期と3回に分けて公開。
1期公開は2013年5月でその時は1期工事完了部分のクラフトを付属し記念切手が発売されました。
0524_本丸御殿_ポスター













そして2期は2016年6月に。
0524_本丸御殿2期_ポスター
















そして今回3期は、この6月22日に発売されました。
1806_本丸御殿_ポスター













この様に3回に分けられており過去の1期、2期がないと今回の3期だけでは全体は完成いたしません。
全3期分を購入するとこんな感じで全体が完成します。
35522455_1729525227135461_6556606617767378944_n














1806_本丸御殿













現在、名古屋市内の郵便局には2期、3期の在庫はあるので購入は可能です。但し、各局の割り当てが少ないようで郵便局によっては在庫がない場合もあるみたい。でも取り寄せはしてくれると思いますので窓口で相談してみてください。
あと、1期分についてはすでに完売しております。郵便局では追加販売はしないみたいです。
残念!
それと名古屋市内の郵便局でしか販売してないのでそれ以外の人は入手困難ですよね。


そんなこんなで、1期を持ってない人や名古屋市以外の人から、ここのところ毎日「このフレーム切手をファセットで販売しないのか」との問い合わせが何件も来ております。

みんな俺様に何とかしろと言わんばかりにメールして来るけど、このフレーム切手は郵便局の商品なので、俺様も郵便局に行って購入するしか入手できんのです。
しかも岐阜から名古屋の郵便局をはしごして買ってくるなんて嫌やし!結構遠いんやで、名古屋って。

それと「1期分の切手は無いのか!」ともいわれるのですがうちでは販売するほど1期の切手を保有してません。ゴメンね。でも、クラフトだけなら少しある。

でも、みんな「何とかならんか」とうるさいのでちょっと考えます。
だから、ちょっと時間ください。
なんかいい方法が思い浮かんだらここで報告します。

最新コメント
ゲル総帥 プロフィール

ゲル総帥

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

リンク集
ファセット Web shop サイト


Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ